ブリアナギガンテの素顔が男前!すっぴんは短髪ヒゲのゲイ男子で超別人!?

奇抜なメイクと特徴的な喋り方で一度見たら一度見たら忘れないその強烈なキャラクターが人気急上昇中のYoutuberブリアナ・ギガンテさん。

そんなブリアナ・ギガンテさんを見て真っ先に思い浮かべること。それは『素顔』が気になる….

といったところではないでしょうか。今回はそんなブリアナ・ギガンテさんの『素顔』や『生い立ち』『経歴』といったバックボーンもご紹介したいと思います。

目次

ブリアナギガンテのプロフィール

こちらがブリアナ・ギガンテさんのプロフィール、キャラ設定も混じっていますが、年齢はリアルなプロフフィールです↓

    名前:ブリアナ・ギガンテ
    本名:不明
    出身:ニュージャージー州(笑)
    職業:ショーガール
    生年月日:1984年9月6日
    年齢:37歳(2022年1月時点)
    学歴:不明
    血液型:O型
    身長:174cm
    体重:78kg
    スリーサイズ:B105cm W92cm H97cm

    ブリアナさんは1984年9月6日生まれの2022年1月現在、37歳です。

    自称ニュージャージー出身で、インパクトあるメイクとファッション、そしてキレのあるダンスが魅力のブリアナさん。

    おっとりした妖艶な口調も「クセになる」と話題になり企業PRやグッズのオファーも殺到しているそう。マツコデラックスさんが「コロナ禍の救世主」と称するほど今注目のYoutuberです。

    ブリアナギガンテが素顔がガチムチ系の短髪ヒゲ男子だった!

    素顔のすっぴんは男前なゲイ男子

    こちらがブリアナギガンテさんの素顔。

    めちゃめちゃ別人ですね!笑

    素顔は自身のpoyomaru_kim_kaieiというインスタグラムで公開されており、あまり素顔を頑なに隠すような感じでもなさそうです。

    2022年現在しゅきぴという付き合って7年になる彼氏がいるようで結構いろんなプライベートな部分も公開しています。


    ここまで素顔が別人だと外を歩いていてもまずバレないでしょうね(笑)

    いわゆるゲイの「ガチムチ」系と呼ばれるタイプで、ゲイのタイプの中でも王道の人気の容姿をしていますね!

    ここまで素顔を晒すとキャラクターのイメージが崩れてしまうのではと勝手ながら心配してしまいますねw

    しかし、以前テレビ出演した際は素顔もがっつり紹介されており、あまりその辺は心配しなくてもよさそうですね^^;

    しかし、2021年5月29日に放送された『マツコ会議』でマツコデラックスさんと共演したブリアナ・ギガンテさん。

    マツコさんに「正体をさらすのは早いです。もうちょっと、ミステリアスガールを楽しむべき」と言われており、やはり同じことを感じていたようですね。

    素顔とメイク姿の比較

    @brianagigante #ビフォーアフター #beforeafter #transformation #へんしん #変身 ♬ 原聲 – Cindy?

    こちらが、ブリアナギガンテさんのビフォーアフターの動画。

    普段メイクにかかる時間は40分ほどだそう。こだわりも多いようですね!

    ブリアナギガンテの生い立ちや経歴

    複雑な家庭環境で過ごした幼少期

    「エグみが強め」と語る幼少期。

    お父さんが離婚・再婚を繰り返す家庭状況だったようで、腹違いの兄弟がたくさんいたそう。

    兄弟とは仲が良かったそうですが、実質祖父と祖母と叔母に育てられたそうで、両親との触れ合いがあまりなく育った幼少期だったようです。

    そんな寂しさを埋めるかのようにどハマりしたのが「ゲーム」

    祖母と祖父が厳しかったそうで、ゲームなんてやらせてもらえなかったそうですが、同居していた叔母様が内緒でゲームを買ってきてくれて、部屋でこっそりプレイしていたようです。

    高校時代になっても、ブリアナさんはゲーム三昧の日々。

    ネトゲにハマり、課金分の支払いのため勉強よりバイトに熱心だったとか。

    仮眠やご飯休憩を挟みながら、ゲーム内で知り合った顔も名前も知らない友達と48時間ぶっ通しでプレイしていたこともあったそうで、ブリアナさんの青春時代は「ゲーム」一色だったようです。

    ワタクシはもう、ず~っとネトゲ。それこそ、高校生の時は学校が終われば、ここ、秋葉原に足を運んでPCゲームを専門に取り扱うネットカフェに通い詰めてたわァ

    【ガチゲーマー過ぎて困惑】ブリアナ・ギガンテより引用

    高校卒業後引きこもりになりイラストレーターに

    高校卒業後は引きこもりだったそうで、その時に食い扶持としてイラストレーターのお仕事をしていたようです。

    こちらが当時のイラストレーターとしての作品だそうですが、かなりの腕前ですね!

    その醸し出す独特な世界観からも、クリエイティブな才能があるのでしょうね。

    また、引きこもり生活に加えてイラストレーターという完全在宅のお仕事故に全く運動をしなかったそうで、当時は98kgあったそう。

    上の画像は当時の写真のようですが今とは全く別人ですね….(汗)

    28歳でポールダンサーの世界に

    そんな巨漢だったブリアナさんですが、ダイエットにと友人が勧めてくれたポールダンスにどハマり。

    ポールダンスは28歳から始めたそうで、運動などは全く未経験だそうですが、努力の甲斐あって数々のショーに出演や今では講師もするほどに成長しました。

    その後は東京・高円寺のスパイラルモード(Spiral Mode)というスタジオポールダンス講師も。現在もレッスンを行っています。

    ダンス講師で活動するブリアナさんは『ぽよまる先生』という名前で活動しています。

    普段はぽよまる先生でもありブリアナ・ギガンテという2つの顔を持っているようですね。

    「コロナ禍」がきっかけでYoutuberに

    Youtuberを始めるきっかけがまさにこの「コロナ」だそう。

    コロナが直撃でポールダンスのショーの仕事やレッスンの仕事がなくなってしまったことがきっかけで「アウトプットする場がなくなってしまった」そんなことを語るブリアナさん。

    まさに人生万事塞翁が馬ではないですが、この「コロナ禍」が「ブリアナ・ギガンテ」というキャラクターを誕生させたと思うと、人生何が起きるかわからないですね。

    ブリアナギガンテの幼少期からの恋愛事情について

    小学校4年生で”ゲイ”だと気づく

    小学校4年生の時に自分が男が好きだということに気づいたブリアンさん。

    それまでは女の子が可愛いなとか思っていたそうなのですが、今思えばそれは単なる「憧れ」だったことに気づいたそう。

    小学校6年生で36歳と”駆け落ち”

    小学校6年生の時に古本屋で『さぶ』というゲイ雑誌を発見したブリアナさん。

    その中に文通欄があり、連絡先を載せている男性と出会ったそう。その男性は当時は19歳と言っていたそうですが実は36歳だったそうです。

    その男性にブリアナさんは家の電話番号を載せコンタクトを取ったところ、自宅にかかってきたそうで、それがファーストコンタクトだったようです。

    そして、初体験もその男性である時「駆け落ち」しようと言われ、一緒に駆け落ちしたそうなのですが、一瞬で親に見つかりそれがきっかけで関係も消滅したそう。

    しかし、その彼とは大人になり新宿2丁目で歩いていたところ「いくら?」と声をかけられたのがきっかけで偶然再開したそうですが、彼にとってまさに好みのタイプだったのでしょうね。

    ただ、その元彼も今思えば未成年どころか子供とこんなことをして捕まらなくて良かったですね(汗)

    ブリアナギガンテの素顔や生い立ちのまとめ

    素顔はかなりキリッとした男前のブリアナ・ギガンテさん。

    そして、バックボーンもかなり特殊でそれがまたキャラクターのミステリアスさを演出しているように思います。

    もっと大ブレイクしてもらいたいですね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる