【整形】てんちむの昔の橋本甜歌(天てれ)時代〜現在の顔変化を比較!

今やトップYoutuberの一人として度々話題になるてんちむさん。

そんなてんちむさんといえば、昔は天才テレビくんの子役時代があったり、芸能界で活躍していましたよね。

しかし、そんなてんちむさんを昔から知っている人からすると「めっちゃ顔変わったね〜」と思うことでしょう。

今回は、そんなてんちむさんの顔の変化を昔から現在まで時系列でご紹介したいと思います。

目次

【比較】てんちむの昔の橋本甜歌(天てれ時代)〜現在までの顔の変化

【2004年(11歳)〜2007年(14歳)】天てれ時代(橋本甜歌)

まず、こちらが一番昔の天てれ戦士時代のてんちむさん。

清純派の少女の雰囲気でこれはこれで独特の可愛さがありますよね!

こちらは比較画像。明らかにその雰囲気が違いますね!

特に目や顔の輪郭の違いなんかも一目瞭然。もちろん、大人と子供の比較なので成長などを考慮する必要がありますが、その違いは明らかです。

もう一枚比較してみても、やはり目の印象がめちゃくちゃ違いますね。

【2010年〜2014年】ギャル時代

次に、ギャルモデル時代のてんちむさん。17歳ぐらいの頃ですね。

メイクをしているので、完全に比較するのは難しいですが、今とは違うことは分かりますよね。

こちらはもっと当時のリアルな雰囲気に違い画像との比較。

おそらく、当時はまだ整形は目ぐらいで、あとは化粧で顔を作っていたのでしょうね。

【2014年】女優時代

こちらが2014年の当時21歳の頃のてんちむさん。

ギャルモデルを卒業し、映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』に出演するなど、一時期女優として活躍していた頃です。

この頃からかなり今のてんちむさんに近づいてきましたね。

こうみると、今のてんちむさんの顔は2014年あたりにはすでに完成していますね。

てんちむは昔の橋本甜歌(天てれ時代)〜現在までどの部位を整形した?

実は、てんちむさんは過去に『整形』していることを自ら告白しています。

上の動画でその部位を詳しく話していますが、その整形部位をご紹介していきましょう。

①目(埋没法)

まず1つ目は目の「二重整形」です。

これは、あなたもお察しの通り、てんちむさんは目の二重整形をしています。

こちらがその比較ですが、その目の大きさは明らかに違いますね。

ただ、てんちむさんの昔も奥二重で、普通に可愛いですよね。

また、二重手術は切開法と埋没法がありますが、てんちむさんは「埋没法」で行ったようです。

こういう点からも、意外と整形に関してはかなり慎重な考えを持っていることが分かりますよね。

②くま取り

2つ目は「目の下のくま取り」です。

てんちむさんは以前から目の下のクマが膨らみ、老けて見られることがコンプレックスだったようです。

たしかに、こちらは2014年あたりのてんちむさんの写真ですが、目の下がかなり目立ちますね。

涙袋みたいで可愛らしいとは思いますが、その反面老け顔に見えてしまったようですね。

このてんちむさんの目の下のクマ取りは、下まぶたの内側の結膜という部分を切って、目の下の膨らんでいる脂肪を窪んでいるところに移動する「裏ハムラ法」という方法で行ったそう。

確かに、目元の印象がすっきりして全然違いますね!

③ヒアルロン酸(ほうれい線)

3つ目が「ヒアルロン酸の注射」です。

以前から、ほうれい線のせいでくまと同じく「老けて」見えたというてんちむさん。

自分の顔を見て「老けてるな〜」と病んでくると余計老けてくる。とはなすてんちむ さん。

たしかに、2014年頃と比較して、確かに清楚系になり綺麗なのは綺麗なのですが、この時にはくっきりとほうれい線が見えますね。

④糸リフト

4つ目が「溶ける糸リフト」

以前から顔の輪郭が左右非対称なのがコンプレックスだと語るてんちむ さん。

この溶けるリフトによって顔の輪郭が改善され小顔になったようですね。

確かに、昔のてんちむさんと比べてみると明らかに顔の輪郭が違うことが分かりますね。

てんちむさんの顔が昔と大幅に違って見えるのは目の印象もありますが、この顔の輪郭が変わったこともかなり大きな要因でしょう。

※鼻は整形していなかった

また、てんちむさんの顔を見て、真っ先にその綺麗な鼻から「鼻の整形」を思い浮かべてしまいますが実は、鼻の整形はしていません。

本人もこのことに関しては別の動画で公言しています。

このてんちむさんの鼻の綺麗さの秘訣は「ノーズシャドウ」のようで、化粧でうまく見せていたようですね。

鼻はてんちむさん自身も「自分でもそんなに形は良くない」と言っていますが、整形はしなかったようですね。

てんちむさんは昔と比べて顔が大幅に顔が変わったことから整形依存症のようなイメージを持ってしまいがち。

しかし、この一番整形で真っ先にやりがちな鼻をいじらないことからも、「本当にコンプレックスのある部分」だけを見極めて賢く整形を行っているのでしょうね。

てんちむの昔から持っている『美容哲学』がすごい

①「整形」はコンプレックスの解消

元々、顔にコンプレックスの多かったてんちむさん。

「この顔で生きていくなら死んだほうがマシ」ぐらいまで思っていたというてんちむさん。

だからこそ、「整形=コンプレックスの解消」とかなりポジティブに捉えているようです。

そして、外見の変化=内面の変化

そんな考えを持っているてんちむさん。だからこそ、整形によって外見だけでなく内面まで変わったと話します。

だからこそ、「整形」の表面的な部分だけ見て「整形=ズル」そんな考えは時代遅れだと考えており、整形によってコンプレックスが解消されるなら行うべきと語っています。

②「整形」以外の努力も見るべき

女の子というのは「髪型」「メイク」が変わるだけで全然変わる。と語るてんちむ さん

整形した可愛い人を見て「どうせ整形だから」と一括りに違うのは違う。

そんな考えもあるようで、もっとこの考えが広まれば整形に対してポジティブな考えを持つ人が増えるかもしれませんね。

てんちむの美しさは昔からのたゆまぬ努力によって生まれている

てんちむさんはただ漠然と綺麗になりたいから大胆に整形をするというよりも、「自分に何が足りないのか?」というのを見極め的確に必要な部位を修正し、非常に賢い整形を行っている印象を受けます。

これは自分を常日頃から客観視できるからこそできることであり、その賢さが今のYoutuberとして生き残っていける秘訣なのでしょうね。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる