滝沢カレンの本名は宮澤まりな!芸名を付ける理由や由来も詳しく!

人気モデルの滝沢カレンさん。

そんな滝沢カレンさんは実は「本名」ではなかったことが判明し話題になっていますね。

今回は、そんな滝沢カレンさんの本名や芸名を付ける理由や由来についても詳しくまとめてみました。

目次

滝沢カレンの本名は「宮澤まりな」だった!

下の名前は「まりな」

2021年8月17日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」に出演した滝沢カレンさん。

この収録で本名が「まりな」であることを明かしました。

ことの経緯は明石家さんまさんが「カレンちゃんも本名やもんね?」と話を振ると、滝沢は「はい、違います」と回答。

その後、本名について聞かれると、「どっちかだけなら…」と答え、本名は「まりな」と答えました。

実は、以前から滝沢カレンさんの下の名前が「まりな」であることは噂されていました。

というのも、自身のインスタのコメントに同級生らしき人から「まりなちゃん」と本名で呼ばれており、このことから判明しました。

しかし、漢字までは明かされていませんでしたが、本名は漢字かと思われます。

苗字は「宮澤」だった!母親の苗字から判明

気になる苗字ですが、度々テレビに出演していたお母さんの名前が「宮澤さゆり」さんだったことから判明しています。

宮澤さゆりさんは生前バレエスタジオで講師をしていましたが、2019年8月に57歳の若さでガンで亡くなっています。

滝沢カレンさんといえば、生前に母国に帰り一度もあったことのないウクライナ人のお父さんとの間に生まれたハーフであることでも有名。

しかし生まれる前に父親と別れていることからも、この「まりな」の名前はこのお母さんが名付け親だったことでしょう。

滝沢カレンが本名ではなく芸名をつける理由やその由来は?

本名ではなく芸名の理由

滝沢カレンさんの所属事務所であるスターダストには「変わった名前が本名の場合は芸名を付ける」というしきたりの様な物があります。

しかし、滝沢カレンさんの本名は「宮澤まりな」とイメージにぴったりな本名であることから、本名でも全然いけそうに思います。

しかし、以前2人で司会を務める深夜バラエティー番組の『松之丞カレンの反省だ!』のやりとりの中で「名前二つ持ってるって凄くカッコよくないですか?」という発言がありました。

このことからも、「芸名を持つことへの憧れ」みたいなものがあり、「自ら進んで芸名を希望した」可能性がありますね。

芸名の由来は?

「滝沢カレン」という芸名について2021年11月26日に放送されたトーク番組「あさイチ」(NHK総合)に出演した際にその芸名の由来を語っていました。

「カレン」は「赤ちゃんにつけたかった名前」

下の名前である「カレン」の由来については以下のように語っています。

「名前の由来というか、本当に“カレン”は私が小学校から自分の赤ちゃんができたら付けたい名前だな、かわいいなと思うぐらいカレンはかわいいなと思っていたので。この世界で名前が付けられると聞いたので、カレン」

exciteニュースより引用

でも、もし仮に本当に赤ちゃんができたとしたら自分の名前と混同して色々ややこしいことが起こりそうな気がするのは私だけでしょうか(笑)

「滝沢」の由来

そして、苗字の「滝沢」の由来については以下のように語っています。

また“滝沢”という名字について「“滝沢”は、滝という名前の中に水気を入れたかったので。水の中で一番大きい“滝”にしました」

exciteニュースより引用

確かに、「滝沢」ってお洒落で良い響きですよね。

滝沢カレンの芸名を姓名判断で占ってみた

では、滝沢カレンの芸名は「姓名判断」で見ると一体どのような運勢なのでしょうか?

こちらが「滝沢カレン」という名前を姓名判断で占ったものです↓

正直、姓名判断上ではあまりよくないみたいですね(笑)

もし、滝沢カレンさんがこの芸名を決める時にこの姓名判断を参考にしていたらおそらく、違う名前に変えていたことでしょう(笑)

こういうことからも、本当に芸名を決める際は滝沢カレンさんの感覚オンリーで決めていたんだなということが伺えますよね。

滝沢カレンの本名のまとめ

滝沢カレンさんの本名に関するまとめはこちら↓

・滝沢カレンの本名は「宮澤まりな」(※まりなの漢字は不明)

・芸名を付ける理由は「名前二つ持ってるって凄くカッコいい」という単純な理由

・芸名の由来は「カレン=赤ちゃんができたらつけたかった名前」「滝沢=名前の中に水気を入れたくて、水の中で一番大きい“滝“を選んだ」

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる