道志村は熊(クマ)の出没情報が実は多い!美咲ちゃんの捜索隊も襲撃されていた!

2019年に山梨県道志村のキャンプ場で小倉美咲ちゃんが失踪した事件ですが、多くの人はその謎の多い事件から印象に残っていることでしょう。

そして、2022年5月には人骨が見つかり事態は更なる急転を迎えそうです。

そんな続報から多くの人の脳裏に浮かんだことと言えば、「熊に食べられたのではないか?」ということですが、実際に美咲ちゃんの失踪した道志村には熊は出没するのかが気になりますよね。

今回は、そんな道志村の熊の出没情報をまとめてみました。

目次

道志村には熊(クマ)が生息している

道志村観光協会より引用

結論からお伝えすると、道志村では熊が生息しています。

道志村観光協会でから道志村では熊が出ることは公式に発表されており、大昔からツキノワグマが生息しているようですね。その体長は約100〜190cm、体重は200kgになるようです。

そして、道志村では「道志村鳥獣被害防止計画」が立てられるほど、その熊の存在には非常に警戒されているようです。

なので、小倉美咲ちゃんの失踪にこの「熊」が関係してくるのはなんら不思議なことではないでしょう。

道志村は過去に熊(クマ)の出没情報が多数寄せられていた

そして、実際に近年でも道志村では熊の目撃情報が多数寄せられています。

小倉美咲ちゃんが失踪した2019年9月でも3件クマの目撃情報が道志村では寄せられています。

小倉美咲ちゃんの失踪後にも目撃され、この2019年9月はかなり熊の目撃情報が多かったことが伺えますね。

小倉美咲ちゃんが失踪する以前からも熊の出没情報も多数寄せられています。

2012年には同じく道志村で熊が出没し女性が襲われるという事件も発生するなど、地元民の間では知られた熊の出没地帯だったようですね。

道志村ではボランティアの捜索隊も熊(クマ)に襲撃されていた

また、それを物語るように、小倉美咲ちゃんの捜索途中にもボランティアの男性が熊2頭に遭遇し、逃げる際に転倒して足や手首の骨を折る重傷を負ったという事故も発生しています。

それぐらい道志村では熊が高頻度で出没していることが伺え、小倉美咲ちゃんも熊と遭遇し食べられてしまった説という線もかなり浮かび出てきますね。

→美咲ちゃん誘拐の真犯人は地元有力者の息子説「警察が介入できない闇」が深い

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 美咲ちゃんは川へは降りてきてなかったと一緒に行ってた子供たちが証言していることからも、道を間違えて、あるいは熊に「森の熊さん」の歌みたいに出会って案内されて、騒ぎも何もせずに、寝床へ連れて行かれ、保存食にされてちびちび食べられ、靴や靴下、服と食べ残りの頭の骨等を捨てたと考えられます。9条が平和になるという説同様、原詩とも異なるお花畑過ぎる森の熊さんのような歌も、音楽の教科書に載せるなら、猟友会等の知見も入れて見直すべきでしょう。

コメントする

目次
閉じる