【画像】あばれる君の嫁(古張由夏)は美人看護師!馴れ初めや子供も!

人気お笑い芸人・あばれる君ですが、年々その人気もうなぎ上りで、テレビで見かけない日はないほどですよね。

そんなあばれる君ですが、最近奥さんがよくテレビに登場しますよね。

今回は、そんな気になるあばれる君の奥さんについて詳しくご紹介したいと思います。

目次

【画像】あばれる君の嫁・古張由夏が超美人!

プロフィール

名前:古張由夏(こばりゆか)
生年月日:1985年生まれ
出身:福島県出身

あばれる君の一つ上の姉さん女房

あばれる君の本名が古張 裕起(こばりゆうき)なので、奥さんも結婚と同時に古張由夏さんになったようです。

なので、旧姓は不明ですが、あばれる君の一つ上の姉さん女房です。

最近ますます綺麗になってきており、ファンの間でも非常に話題になっています。

あばれる君と嫁・古張由夏との馴れ初めは?

出会いは高校時代


二人の出会いは高校時代。

古張由夏さんはあばれる君の一学年年上の先輩でした。

高校時代の文化祭で、あばれる君が一人で舞台に立って全身タイツを着てプーさんのモノマネやギャグを披露していたそう。

この文化祭でのあばれる君は輝いており、「あーこの人面白いな」と由夏さんが一惚れしたのがきっかけだそう。

当時の様子は、2016年11月6 日放送の「サンバリュ – あの場所で待ってます」この思い出の場所で奥さんと待ち合わせするという番組で語られています。

「あれがなきゃ私たち付き合ってないから」と語っており、この「文化祭」がお互いの縁を繋いだ原点の場所でした。

由夏さんは2人の一番の思い出の場所にこの「文化祭があった体育館」を選んでおり、奥さんにとってこの体育館は非常に思い出深い場所のようです。

十年以上時を経って二人で夫婦として戻ってくる。なんともロマンチックですね。

その後、一緒に遊ぶ機会があり、その場で「僕、お笑い芸人になりたいです」と夢を語ったあばれる君。

あの文化祭での舞台を見てたからこそ、由夏さんは「この人ならイケるんじゃないか」と信じられたそうです。

大学時代に遠距離恋愛

その後、付き合い出した2人。二人の遠距離恋愛がスタートします。

古張由夏さんは1年早く卒業し、高校卒業後に地元・福島の3年生も看護専門学校に進学しました。

そして、その1年後にあばれる君が高校を卒業し、お笑い芸人を目指すため上京し、親に芸人を目指すための条件として提示された「教員免許」を取得するために東京の駒澤大学法学部に進学。

毎週由夏さんは高速バスで会いに行ったそう。

当時、専門学校でバイトする暇のなかった由夏さんですが、夏の間にバイトを頑張り、それを交通費に充てていたそうですが、お金もあまりなかったため満足にデートもできなかったそう。

この由夏さんの送り迎えを繰り返した新宿南口バスターミナルは今でもあばれる君にとって思い出の場所だそうです。

上京後は看護師として夫を支える

一方、由夏さんは21歳の時に看護専門学校を卒業、無事看護師免許を取得したため、地元で就職。

この地元の白河厚生総合病院で働いていました。(長男を出産したのもこの病院だそうです)

その後、あばれる君を支えるために上京し、東京で看護師になります。

あばれる君は大学卒業後は芸人にはなったものの、現実は日当8000円の公衆トイレの日払いアルバイトばかり。

その頃から、看護師として働いている由夏さんと同棲し、あばれる君の下積み時代を支えました。

由夏さんに全ての生活費を出してもらい、生活費を食い潰す勢いだったそう。

そんなあばれる君の売れない下積み時代を収入面で支えました。

同棲していたのは東京の阿佐ヶ谷で、こちらも、先ほどの「サンバリュ – あの場所で待ってます」で紹介されていました。

右奥に映っているマンションは当時二人が同棲していたマンションだそうです。

”結婚”を決意しプロポーズ

そして交際から約10年、2013年3月にプロポーズをしたあばれる君。

近所のイタリアンレストランでプロポーズしたそうで、その時の奥さんの様子を「新聞紙を丸めたような笑顔だった」とあばれる君は語っており、奥さんも長い間待ち続けたからこそ、相当嬉しかったのでしょうね。

結婚を決意したのは’13年の3月ぐらいなんですけど、その時はすごく暇で。このままでは人生終わるなと思って、何か起爆剤というかきっかけが欲しかったし、ずっとついてきてくれた奥さんに不義理したら、それこそ男じゃないなと思って。「ゆかちゃん、結婚しようか?」って言ってみたんですよ

ザテレビジョン(あばれる君インタビュー)より引用

”結婚”を決意したもう一つのきっかけ

あばれるくんが結婚を意識したもう一つのきっかけが、由夏さんの「涙」だったそう。

ある日、稼いだ家賃に使う予定の日当をパチンコで全て使ってしまったあばれる君。

帰ってきた、由夏さんに「家賃ちょうだい」と言われたそうですが、「ない」と言ったら、由夏さんが泣いてしまいました。

その涙で、あばれる君は自分の不甲斐なさに気付いたようで、もっと真面目に頑張り、そして由夏さんと結婚したい。そう覚悟が決まったそうです。

――奥さんとのことで思い出に残っていることはありますか?

泣いたことかなー、奥さんが。僕、仕事増えるまで暇で、ずっと家で寝て、ポテチとか食べて、5キロぐらい太ったんです。太るぐらいぐうたらしてたんですよ。日雇いの仕事も午前中で終わるので、その時に頂いた8000円もその日に使っちゃって。朝5時に起きて、夜8時に仕事から疲れて帰ってきた奥さんに「家賃ちょうだい」って言われたときに、「ない」て言ったら、奥さんが「何でないの?」って泣いたんです。その時、結婚しようって意識しました。

ザテレビジョン(あばれる君インタビュー)より引用

周囲からは猛反対だった

交際10年であばれる君からプロポーズを受けた由夏さんですが、この頃、あばれる君の給料はまだ”9万円”ほど。当初友人を始め、あばれる君の両親からですら反対だったとか(笑)

しかし、「私は彼のことしか好きになれない、彼も私の事ずっと好きでいてくれた」

こう語るように、由夏さんにとって結婚にお金は障壁ではなく素直に「好き」という気持ちの方が優っていたようで、特にそこは問題はなかったそう。

由夏さん自身も看護師として働いていたので「自分が稼げばいいか」と思ってアッサリとプロポーズを快諾したそうです。

奥「私の家族は賛成してくれたのですが、彼の両親からは諭されました。『お医者さんを探したほうがいいんじゃない?』と(笑)。私のことを心配して、猛反対する友達もいました。でも、高校時代から大切にしてきた彼のことが好きという気持ちを諦めたら、一生後悔するような気がしたんです」

https://withonline.jp/(古張由夏さんインタビューより引用)

結婚式

2013年10月、あばれる君が当時27歳、由夏さんが当時28歳で結婚式を挙げました。

下積み生活を支えた由夏さんのことを「非の打ちどころのない人間」「完璧」とまでいうあばれる君。

その下積みの支えがあったからこそ、こうやってお笑いに専念できたことでしょうし、まさに、由夏さんは「あげまん」なのではないでしょうか。

あばれる君の嫁・古張由夏とのほっこりエピソード

奥さんの好きなところは?

奥さんの好きなところは?と聞かれ、「優しいところ」と答えるあばれる君。

産休に入る前も、朝4時とかどんなに出発が早くても、必ずマンションのエレベーターまで見送ってくれるそう。

まさに、縁の下の力持ちができる素晴らしい奥さんですね。

―― 最後に、奥様の一番好きなところを教えてください。

あばれる君 髪形とルックス……というのは冗談で、優しいところですね。産休に入る前も、僕の出発がどんなに早くても、例えば朝4時だったとしても、必ずマンションのエレベーターまで見送ってくれるんです。

日経Womanより引用

奥さんが忘れられないプレゼント

付き合っていた時、由夏さんの誕生日にあばれる君は初めて福島に帰省し、ケーキと自作のラップを由夏さんの職場の昼休みに届けに行ったそう。

その時のラップの歌詞はこちら↓

出会い別れ 繰り返す中で やっと出会えた最高の女性

人生この先 あと何年 時間がいくらあっても足りねぇ

ケンカの数だけ深まる絆 幸せにもするさ いずれはな

WORDS OF LOVE 過ぎてく日にちの数だけ分かり合える関係のはず

めちゃくちゃ良い歌手ですよね〜。

あばれる君は過去にラッパーとして活動していた時期もあり、かなり本格的に作ったそう。
ここまで彼氏に思われると、尽くしたくなりますよね!

あばれる君の嫁・古張由夏と間には2人の子供がいる

2016年6月に第一子が誕生

あばれる君と由夏さんの間には2016年6月に第一子である長男が誕生しました。

現在も順調に成長し、インスタグラムでもそん成長が見られます。

奥さん似の可愛らしい男の子ですね!

2021年8月に2人目が誕生

2021年8月に2人目が誕生。

性別は不明ですが、またインスタグラムですぐに成長の様子を教えてくれるかと思いますので、分かり次第追記します。

あばれる君の嫁・古張由夏は芸人・あばれる君の原動力である

駆け出し時代にたくさん面倒を見てもらったからこそ「あのとき迷惑掛けたから今頑張ろう」こんなことをインタビューで語るあばれる君。

きっと、私たちが知る以上に多くの支えがあったからこそ、今のあばれる君があることでしょう。

そして、そんな「恩返しをしたい」という思いが今のあばれる君の芸人としての「原動力」になっているのでしょうね

これからも、奥さんを喜ばせるためにたくさん活躍してもらいたいですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる