菅田将暉の本名は菅生大将!芸名の由来や改名の理由も詳しく!

数々の映画やドラマに出演する人気俳優の菅田将暉さん。

そんな菅田将暉さんですが実は「本名ではない」のはご存知でしたか?

今回は、そんな菅田将暉さんの本名や芸名の由来についても詳しくご紹介したいと思います。

目次

菅田将暉の本名は菅生大将(すごうたいしょう)

菅田将暉さんの本名は菅生大将(すごうたいしょう)と言います。

かなり変わった名前ですよね!

過去には本名で活動

菅田将暉さんが芸能界入りのきっかけとなった2008年のジュノン・スーパーボーイ・コンテスト。

このコンテストでファイナリストに選ばれた菅田将暉さんですが、この時には「本名」でした。

美少年のような爽やかイケメンなのに「大将」っていう古風で強そうなイメージの名前のギャップもまたいですね!

本人も公言

また、この本名については特に本人も隠す様子はないようです。

2020年8月14日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に主演した菅田将暉さん、が堂々と本名が「菅生大将(すごう・たいしょう)」であることを明かし話題になりました。

芸名・菅田将暉に改名した理由や由来は?

芸名をつけた理由は「イケメン俳優らしくない名前」だから?

多くの人も当時の菅田将暉さんの美少年のルックスを見て「大将っぽくないな〜」と思ったのではないでしょうか。

イメージ商売であるタレントにおいてイメージを作る名前はかなり大事。

恐らく事務所の人も同じことを思ったようで、「イケメン俳優として売っていく」ことにおいて、「大将」という名前は不向きだと感じたのでしょう。

大将という名前はイケメン俳優として売っていくには少々不向きな名前だとの考えがあったと聞いています」(テレビ局勤務)

竹内涼真、福士蒼汰、菅田将暉……本名よりもカッコいい!? より引用

芸名の由来は特になし?

菅田将暉さんは「芸名の由来は特にない」と答えています。

画数重視なのと「輝く」という縁起の良さそうな感じを選んだだけで、特にそれ以上は深い意味はないようですね。

芸名は、特に意味はなく、画数重視で (笑)。将暉の暉が、「輝く」と似たような意味があるらしくて。暉暉 (きき)っていう単語があるんですよ。光が照り輝く、という意味なんですけど。

俳優・菅田将暉インタビューより引用

また、画数にあった名前の候補が10個ほどあったそうで、当時のマネージャーが「これが光って見えた」というなんともかなり勘で「菅田将暉」に決められたそう。

突然決められました。当時、最初に僕をマネージメントしたいって言ってくれた人がいて、事務所所属が決まる前ぐらいのタイミングで、『姓名判断の人に見てもらった。候補が10個くらい書いてある紙があって、その中で僕はこれが光って見えたんだ』って言われた

中居正広、菅田将暉の本名に驚き「たいしょう!? うそー!」より引用

ただ、「菅田将暉」という名前は姓名判断によると「出世・大物・成功」などの意味があるそうでまさに当時のマネージャーの勘は今思うと凄まじいですよね。

本人は芸名に愛着はない

しかし、2021年のインタビューで芸名について聞かれると、「未だに受け入れられてない」と語っており、愛着はないようですね。

菅田:最初はやっぱり受け入れ難かったですもん。なんなら未だに「将暉」は受け入れられていないところがちょっとあって。
菅田将暉・奇妙礼太郎、自身の芸名について語るより引用

本名ではなく芸名・菅田将暉に変えた理由は父親が原因?

ビジネス界で有名な父親『菅生新(すごうあらた)』

菅田将暉さんの父オタである菅生新(すごうあらた)さんは主にベンチャー企業の顧問、執筆、研修、講演を行う有名な経営コンサルタント。

関西ではテレビやラジオのパーソナリティとして知られています。

もともとは製薬会社の営業マンだったのですが、30歳を過ぎて経営コンサルタントに転身し関西のローカル局で『菅生新のサクセスファイター』などの番組を持つほど。

そのため、事務所的には関西では有名な放送ジャーナリストである父親の色を消したいという考えもあったようです。

父親はかなり出たがり

また、父親の菅生新さんは性格的にもかなり表に出たがりな性格で、取材でもかなりペラペラいろんなことを話すそうで、そんな父親に事務所も頭を悩ませていたのだそう。

「実は新潮が直撃する前に、別のメディアも菅生氏に取材をかけていたんです。その時もマシンガントークが止まらなかったらしい。結局、事務所から“ストップ”がかかり、その取材はお蔵入りになった。事務所としては、菅田をテレビや映画界をしょって立つ大物俳優に育てたい。パワフルな親父が何か“変なこと”をベラベラしゃべらないか、本当に頭を悩ませているらしいのです」(芸能プロ関係者)

 

引用:超売れっ子 菅田将暉が頭抱える“パワフルおしゃべり実父”

こちらは2018年に自身の子育て論を語る単行本「スゴー家の人々」の出版記念会。

菅生新さんのトーク&サイン会まで自身で行いまさに芸能人さながら(笑)

「菅田将暉の父」とバリバリ息子を宣伝してますね….(笑)

確かに、ここまで父親が出たがりだとポロっと息子の仕事に都合の悪いことを言ってしまいそうでヒヤヒヤしてしまいますよね。

実際に事務所にはかなり注意をされていたようです(汗)

息子が有名になってくると、マスコミへの露出は控えるようになったが、それでも自己啓発セミナーの講演などで全国を飛び回る毎日。そこで、東京でのセミナーを終えて壇上から降りてきた菅生氏を直撃すると、

いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所から言われてるからねぇ

そう言いながらマシンガンのように喋る喋る。

菅田将暉の父親は関西の有名人?より引用

菅田将暉の本名のまとめ

まとめると

・菅田将暉の本名は菅生大将(すごうたいしょう)

・芸名の由来は画数や縁起の良い文字を使うだけで「特になし」

・芸名を使う理由は恐らく「イケメン俳優のイメージに合わない」から

・もう一つの理由として有名人である「父親」の存在を消すため

こちらが芸名の由来や改名をする理由になります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる