広瀬すずの本名は大石鈴華で芸名の由来は?卒アルや実家も詳しく!

その圧倒的なルックスで男女問わず人気の女優。広瀬すずさん。

そんな広瀬すずさんですが、ふと「本名なの?」と疑問を持ってしまう事でしょう。

今回は、そんな広瀬すずさんは「本名」なのか?そして過去の学生時代についても詳しくご紹介したいと思います。

目次

広瀬すずのプロフィール

プロフィール

名前 広瀬すず
生年月日 1998年6月19日
星座 ふたご座
血液型 AB型
出身地 静岡県
所属事務所 フォスタープラス

芸能界入りのきっかけ

広瀬すずさんの芸能界入りのきっかけはお姉さんである広瀬アリスさんの存在があります。

14歳の時に姉の広瀬アリスさんが専属モデルを務める『Seventeen』が主催するイベントに母と一緒に訪れた際、所属事務所(フォスター)社長に誘われ断りきれなかったのがきっかけ。

「社長さんって世界を支配してると私は思いこんでて。
これ(オーディション)を断ったらお姉ちゃんの命も危ないし、私達も生活していけなくなる。(だから)断りきれなくて『はい』って言って…。言っちゃったことに号泣してました」

『SMAP×SMAP』より引用

当時の心境をこう語っており、この純粋すぎる勘違いが可愛いですね(笑)

そして、次の年の「ミスセブンティーン2012」を受け見事グランプリを受賞し芸能界入りを果たしました。

広瀬すずの本名は大石鈴華(おおいしすずか)!その3つの証拠とは?

本名の証拠①卒業アルバム

こちらは、広瀬すずさんの出身中学である「静岡市立清水第六中学校」の卒業アルバム。

『大石鈴華』とその本名が明確に記載されています。

この卒業アルバムが広瀬すずさんの本名を証明する上で最も大きな”動かぬ証拠”と言えるでしょう。

中学時代から男友達からかなりモテていたという広瀬すずさん。

やはり、そのルックスは当時からずば抜けていたので周りの男の子は放っておきませんよね。

「中学のときはツンデレな性格だった。休みの時間はバスケ仲間の女友達とよくつるんでいました。スタイルもよくて、男子生徒からすると、ちょっと声をかけづらい雰囲気。それでも中学3年生のときは、毎朝のようにすずの自宅まで、何人もの男子が自転車で迎えに行き、一緒に通学していました。」

文春オンラインより引用

小学生の頃からミニバスをやっていたという広瀬すずさん。

県内の強豪私立中学から誘いがあったほど、その実力の持ち主だったそうです。

ルックスも良く、運動神経抜群で学生時代はまさにいつもクラスの中心にいるような学生だったのでしょうね。

広瀬すずさんのトレードマークでもある「ショートヘア」はこの中学時代からだそう。

学校はメーク禁止でしたが、広瀬すずさんだけは『モデルだから』と特別扱いで先生たちも黙認していたのだとか。

本名の証拠②素人時代のテレビ出演

こちらは2010年12月20日に放送された「ネプリーグ」の人気コーナー「ネプキッズリーグ衝撃!!超人キッズ劇場」

芸人のピースが、天才サッカー少年を特集する企画で、広瀬すずの母校である静岡県静岡市・清水高部東小学校に訪問。

その際に、偶然にも一般人の時の広瀬すずさんがテレビ出演しており、大石鈴華(ピンクのTシャツの女の子)として紹介されています。

この頃にはすでに一際目立つルックスをしており、広瀬すずさんを見かけて綾部さんも「可愛い」と駆け寄る場面も。

やはり、広瀬すずさんは幼少期からずば抜けた輝きを放っていたようですね。

本名の証拠③姉の雑誌の兄弟紹介で芸能界入り前の広瀬すずが登場

こちらは、広瀬アリスさんがセブンティーンの雑誌モデルをしていた頃に、家族紹介で登場した広瀬すずさん。

その時はまだ芸能界入りしていなかったので、「妹・鈴華」と本名が紹介されています。

ちなみに上の写真でも写っていたように、広瀬すずさんには晃也さんという1993年生まれの5つ年上のお兄さんがいます。

 

2018年1月に酒気帯び運転で逮捕され、その本名が全国に明るみになってしまいました。

お兄さんもかなり美形のルックスをしていますね。

広瀬すずの芸名の由来は姉・広瀬アリスの影響?

姉・広瀬アリスの本名は「大石麻由子」

気になる広瀬すずさんの芸名の由来は、このお姉さんである広瀬アリスさんから来ているようです。

広瀬アリスさんの本名は「大石麻由子」さんで、始めにお姉さんが「広瀬アリス」と芸名で活動しました。

つまり、このお姉さんの芸名の由来を知る事で広瀬すずさんの芸名の由来も知ることができます。

「広瀬晶」で活動予定だった姉・広瀬アリス

実は、最初のデビューしたての頃は「広瀬晶(あきら)」の芸名で活動していた広瀬アリスさん。

そのクリっとした瞳が印象的な“ボーイッシュ”な姿に美少年さながらのルックスから男子と間違えられてスカウトされたそう。

そして、そのルックスから「広瀬晶(あきら)」と美少年をイメージさせる芸名がつけられました。

しかし、事務所からある日突然「あなたは今日からアリス」といわれ、かなり戸惑ったそうです。

本人のブログによれば、「とりあえず、頭にはてなが10000個ついた(笑)」とのこと。

ちなみに、「アリス」の由来はいまだに教えられていないそうです。

これは考察ですが、ボーイッシュな美少年の姿から清楚な美少女へと変貌する過程で事務所の社長も「不思議の国のアリス」のアリスにイメージを重ねたのかもしれませんね。

そういった事務所側のイメージの変化から「広瀬アリス」へと改名したのでしょう。

また、「広瀬」という名前の由来もいまだに不明だそうです。

姉・広瀬アリスの芸名である「広瀬」を継承

そして、広瀬すずさんも芸能界入りし、姉妹として売っていく事からもその都合上、姉と同じ名前である「広瀬」の名が継承されました。

そして、下の「すず」という名前は「鈴華」という名前よりも柔らかい印象ですし、全く由来がわからない姉のアリスに比べて広瀬すずさんの場合は本名から取ったことが分かりますよね。

広瀬すずの実家は貧乏で家庭環境が複雑?

複雑な家庭環境とは?

広瀬すずさんの両親は高校の同級生で20歳前後で早くに結婚したそう。

父親は看板屋を営んでいたそうなのですが、広瀬すずさんが12歳の時に脳卒中で倒れてしまい半身不随になってしまったそう。

父親はリハビリのために長期にわたって入院生活を続けており、借金もあったそうで一家は家や土地も手放さざるを得なかったそうで、父親の病気を機にかなり大変な家庭状態にあったようです。

「脳卒中だったそうです。お父さんは何日も意識を失ったままで……。お父さんもお母さんも若くして結婚したので、まだ40歳になっていなかったと思います」

一命はとりとめたものの、父の身体にはマヒも残り、営んでいた看板店は閉鎖の憂き目に。彼女が12歳のことだった。

広瀬すず 13歳でのデビュー決意の陰にあった「家庭の事情」より引用

父親のために芸能界入り?

また、広瀬すずさんは冒頭で話した通り、姉の影響で社長に芸能界を勧められ、断れずにいやいや芸能界入りした経緯があります。

しかし、本心ではこのような家庭事情があり、芸能界に入ったきっかけにこの父親の経済状況からも「親を助けたい」そんな思いが少なからずあったのでしょうね。

「モデルデビューを決めたのは、お父さんが倒れた翌年のこと。すずちゃんが中学1年生の13歳ごろのことだったと聞いています。すずちゃんは末っ子で、やんちゃなところもありました。でも、きっと子供心に『家計のために自分も働かなきゃ』『リハビリをしているお父さんを助けてあげなきゃ』と考えたのでしょうね……」

広瀬すず 13歳でのデビュー決意の陰にあった「家庭の事情」より引用

広瀬すずの本名のまとめ

・広瀬すずの「広瀬」という名前は姉の「広瀬アリス」が由来

・「すず」という名前は下の名前の「鈴華」から柔らかい印象を与えるように少し変化して付けた

・「広瀬」という名前の由来は不明

と言うことになりますね。

改名したら一気に売れ出す芸能人も多かったり、意外と芸名は大事なので、この「広瀬すず」という名前は絶妙に本人にぴったりハマっていたのでしょうね。

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる